スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アーシャ・プラチナトロフィー

無事にプラチナトロフィーを取得出来ました。ちょっと調べてみたら取れてないのバッドエンドだったよ…最後がそれって何だかなあ(^^;)

さて、ツイッターをご覧になっている方はご存知でしょうが、今のとこユリアシャとキスアシャが熱いです。
昨日だか一昨日だかの仕事中にユリアシャの小ネタが浮かんだので、リハビリも兼ねてちょろっと書いておきます。
アーランド以外のものなんて数年ぶりだよ。ネタバレしてますので興味のある方は↓からどうぞ。

拍手下さった方、ありがとうございました。

(アイツめ…)
未だに燃えるように熱い舌を持て余しながら心の中で悪態を吐く。今は長年の悲願だった地上最強の生物、竜を倒した祝勝会の帰りだった。
腐れ縁の幼馴染みがひっそり準備をして催されたそれは気心知れた四人だけの質素なものだったが、騒がれるのが性に合わない自分には丁度良いものだった。
だがあの悪友はあろう事かその宴の席で罠を仕掛けてきた。辛いものが苦手な自分の天敵とも言える「赤い悪魔」を料理に仕込んでいたのだ。
普段であれば気付いたかもしれない。だが、直前まで珍しくも祝いの言葉をもらい、らしくない雰囲気に油断してたところにこれだ。
その悪友は今は店の中でノビている。報復としてヤツの飲み物にしっかり酒を混ぜておいたからだ。あれでは下戸の悪友は明日は使い物にならないだろうが知った事では無かった。仕掛けて来たのはアイツだ。
(暫く味も何も分からないだろうな…)
ぴりぴりするを通り越して痛いくらいの刺激を受けた舌に苦いものがせり上がる。そして腕の中の存在に目を落とした。
「ふにゃわら~…んにゅんにゅ……」
何とも気の抜けた顔を晒してはいるが、この女性こそ竜退治に一役買った戦友である。その華奢な身体からは中々想像が出来ないが、戦闘技術や芯の強さは自分が認める程である。だからこそ竜退治に同行を頼んだ。
そしてその彼女もまた、悪友と同等…否、それ以上に酒に弱かったと判明したのはつい先程の事だった。いつの間にやら酒に手を出していたのか、気付けば床に倒れてふにゃふにゃ笑っていたのである。
彼女が酒に滅法弱いという事を知っていた、顔馴染みである商人の青年が頭を抱えていた。そんな彼も酔った悪友に酒を飲まされて店で項垂れている。
結局、あの場では酒を飲めるのが自分一人だったのだ。激辛料理を食べさせられたとはいえ、まともに動けるのが自分だけだった為にこうやって彼女をアトリエに運んでいる。
(しかし…軽いな)
軽過ぎるくらいだ。この身体で竜を倒したのかと思うと妙に感心する。
元は幼馴染みの店の使っていない空き部屋だったアトリエの扉を開け、アーシャをベッドに横たわらせる。その口元からはまだむにゃむにゃ意味を為さない言葉が漏れていた。
その様子に普段から寝言の激しかった事を思い出して思わず笑ってしまった。共に野宿をするようになってから気付いた事だが、アーシャはとにかく寝言が多い。おかげで見張りの時でも退屈しなかった。
暫くその時の事を思い出しながら彼女の口元を眺めていたが、やがて声も小さくなり、静かな寝息しか聞こえなくなった。
薄く色づいた唇が僅かに開かれて、胸が上下する。静かなこの空間では自分の息遣いさえ聞こえてきそうだった。
もうやるべき事はやった。しかしどうしてここから立ち去らないのだろうか。何故、俺はこんなにもアーシャの唇を凝視しているのだろうか。
多分、酔っているのだろう。カイルにしこたま酒を飲まされ、舌にこびりついた辛さを緩和させる為に自分からも酒を多く呷った。だから正常な判断が出来ないでいるに違いない。
ふらふらと誘われるように横たわるアーシャに近づく。おいしそうだなと思った。その感情に従って顔を覗き込み、唇を塞いでみた。驚く程柔らかかった。
その感触に酔って、存分に堪能してから満足して顔を離した。そしてアトリエを後にする。夜風にでも当たりながらその辺を歩こうと考えて。


お粗末様でした。ユー兄さんが酔った勢いでむにゃむにゃ言ってるアーシャちゃんの唇を塞いでみるという妄想がぽっと湧いたので書いてみました。この後我に返って、次に顔を合わせた時にぎくしゃくしていればいい(笑)何故あんな事をしたのかと悶々とすればいいよ。
いずれ修正してサイトの方に上げるかもです。ユリアシャはナナカちゃん公認なのがいいよねっ。
さて寝よう。目がかすんでます(しぱしぱ)

テーマ : 日記・雑記
ジャンル : ゲーム

コメント

非公開コメント

ノーラと刻の工房

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
アーシャのアトリエ
アーシャのアトリエ公式サイトはこちらへ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。